GW!(ただの平日)


LINE教えて?

4月も最終日。ようやく"5月病"という名のもとで合法的にだらだらできそうな日々の足音が聞こえ始めた心地よい今日この頃でございます。
個人的な話をすれば、住所や生活習慣など、色々と大きく変わった激動の4月でしたが、それをおもむろに振り返ってみると思い出されるこの忌々しい言葉。一体何度尋ねられたことでしょう。ああもう、返事をするのも煩わしい!昔一部で話題になった、「Tポイントもってないよカード」*的なもののLINEバージョンを早急に導入するべき。

*:110925←こんなの。

そもそも、なんであたかもみんながみんなLINEやってるような前提になってるのでしょう。せめて聞くならば、「LINEやってますか?」からでしょうに。LINEやってないヒトは人間じゃねえ!ってことなのか。


いや違う。そもそも、この耳慣れない文章から覚える違和感はそれじゃない。もっと本質的な、世間一般と自分との間にある感覚のズレ、すなわちインターネットへの認識の差異に気味悪さを感じるのだ。

わたしが考えるインターネット上の世界とは、じぶんがじぶんでなくなる場所である。世知辛い現実世界でわたしたちをうんざりさせる、容姿、学歴、年齢、性別、貧富、身分、出身、人種等、様々な差異。そして、それを因として生じる忌々しい人間関係。ネット上とは、あらゆる人がこれらのファクターから解放され、新たに「個」としてじぶんが再誕生し、自由に自分を表現することが可能な世界なのである。

例えば、渋谷のスクランブル交差点を人混みをかき分けて歩いている時に感じる、「これだけ人がいれば、誰も自分のことなんて見ていない」という安心感。みんながみんな、手元にある画面の奥の何かを熱心に見つめていたり、どこに焦点を合わせているのかわからない険しい顔でそそくさと早歩きをしている。こんなせわしない群衆の中ならば、交差点横断時にものすごい変顔をして歩いていても、きっと気付かれることはない。すれ違う人の耳元で、「ピッピカチュー(裏声)」と呟いたって、恐らく大事にはならない。実際にはやらないけどさ!

紛れること。個を殺し、じぶんが大きなお鍋でかまされているスープの一成分になること。ぐちゃぐちゃに混ざり合って、もう誰なのかよくわからなくなること。それによって得られる安心感。これこそがネット世界での原動力となっている。いや、なっていた。昔よくあった、馬のお面を被って馬鹿(褒め言葉)をする動画が、この種の活力を源にしていたのは自明でございましょう。さながら素顔を隠し、個人を抹消して行動するNINJA。きたないなさすが忍者汚い。わたしもだからこそ、変顔や「ぴっぴかちゅー」するかの如く、こうやって好きな時に好きなことが書けるのです。ぴっぴかちゅー(裏声)

しかし、LINEを代表するSNSは、これとは完全に相異なる。SNSはもはや上述したような種のインターネットではない。どうみても個人を個人とアイデンティファイした、単なる現実世界の拡張である。

インターネットによる現実世界の拡張。なんだかものすごく憂鬱な響きを持っているように聞こえる。
四六時中、上司は上司であり、先輩は先輩であり、恋人は恋人となる。わたしたちに安寧の時は訪れない。LINEで繋がってるんだから。「ズッ友だょ…☆」の如く、「ズッ上だょ…☆」、「ズッ先だょ…☆」、「ズッ恋だょ…☆」。一億総監視社会。Welcome to Underground.

LINE。rowではなくline。「平等」をイメージさせる横の列ではなく、縦の列。あたかも逃れられない縦社会を象徴しているかのようである。いや、もうオブラートに包む必要もない。LINEとは、一本糞を想起させていると言い切った方がいい。ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー


わたしが心地よいと感じていたインターネット空間は今、確実にリア充に蝕まれ、更に再構成されつつある。匿名性は悪であり、インターネットとはSNSのことであり、現実世界のアディショナルタイムと化していく。
現実という生コンを身体のまわりにドボドボと注がれているような、そんな感覚を覚える。しかしながら、間違っているのは自分であり、世界が正しいのだろう。既にLINEが大正義であり、それによって安心感を得られる人が多数派であるのだから。多分ね。





     ∧_∧       ∧_∧
    ( 現実)      (; ' A` )
  三 (  つ つ     (つ   ,ノつ
  三 人 ヽノ      / ゝ 〉
   (__(__)     (_(__)



                ∧_∧     ∧_∧
               (;Д⊂彡  三現実  )
              ⊂    ノ  三G(   こつ
                人  Y    三(_,\ \
               し (_)        三___)



       ∧_∧     .   .    ∧_∧
       ( 現実)フ   ::∧_∧: ⊂(現実 ,)
      (    )ノ    :( ∩∩ ).   \    )
      / / /     ::(´ ノ ノ::     ( (  |
      (_)_)     ::( ̄__)__)::     し(_)





        
 (^o^ )
         /   ヽ 
        | |   | |
        | |   | |        ならば逃げよう その先に何があろうとも
        ||   ||        その現実からも 逃げてみせよう
        し|  i |J         私には この生き方しかできない
          .|  ||
         | ノ ノ
         .| .| ( 
         / |\.\
         し’   ̄


◆コメントレスです