およそ10か月ぶりとなるポケモンライブラリー・・・もといポケテレアニメーション。でもカテゴリー名は煩わしいのでそのまま。

やはり『こ●えついったー(ウソ)』はアニメ版ポケモンで語らねばね。雑談には自身の個体値的な意味で限界がある。

  • 『おこらないでねオコリザル!』(無印)
ある日、サトシたちが昼食をとっていたときに野生のマンキーが現れる。彼はサトシの帽子を奪ってしまい、サトシはゲットしようとボールを投げた。しかしマンキーではなくおにぎりををゲットしてしまう。怒ったマンキーは…!?
(ポケモンwikiのページより引用)

i_okorizaru

時期はヤマブキ~タマムシ間。フィーチャーポケモンはオコリザル。

以下よすよすポイントを続きにて。




  • オーキド博士へのご報告
000009000010000018000027

前の回でナツメを倒し(倒してないけど)、4つ目のバッジとなるゴールドバッジをゲットした若き日のサトシさん。そういえば昔はバッジゲットの報告を逐一博士にしていたような気がしないでもないですね。

しかし、この報告は同時にシゲルと他2人のライバルのバッジ数・つかまえたポケモンの数などの進展状況をサトシ(と視聴者)に知らせるという重要な役割をも担っていたわけです。

おかげで、一見順風満帆に進んでいる様にも見えるサトシの旅も、実は一番ペースが遅く、図鑑についても芳しくないという状況が露わになり、サトシさんの心を再び焚きつけるというわけです。アニメ版初期の、地に足がつかないふわふわした状態であろう中で明確にサトシの立ち位置を表すという非常に有意義なやり取りだったと考えられるわけですね。すごい。


  • おむすびゲット
000062000065000066000067

!?

モンスターボールがおにぎりをゲットすることが可能ならば、いったいどこまでがモンスターボールの限界なのでしょう。イヌ?ニンゲン?木?家?地球?ともあれ、この事案はなかったことにされていること濃厚です。

ちなみに、昔わたしが妄想していたポケモンの話の中には、「ヒトは152番目のポケモン・・・ッ!!」っていうものもあるので、ヒトはモンスターボールで捕まえられ、バッジさえあれば自由に言うことを聞かせることができる派です。実際のNo.152はチコリータでした。


  • カントーでのサトシの帽子
000099000100000104000112

あれは俺の宝物!
ポケモンリーグ公認大懸賞大会でゲットした大切な帽子なんだから!
あの帽子当てるために、俺、ハガキ1000枚出したんだぞ!?


ちなみにリーグ公認キャップのレプリカは限定100個だったらしいです。

最近ハガキの懸賞って見なくなりましたよね。電波少年的懸賞生活とか知らないんだろうな、今の若者は。


  • ピカさん
000168000169000170000172

目を見ちゃダメだ!と言われての若き日のピカさんの反応。かわいい!
今度トップ絵をペイントするならば3枚目で決まりですね( ゚ω^ )b


  • 本日のロケット団
000158000157000160000163

ムサシ「この美貌を破壊した罪はカビゴンより重いわよ!
ニャース「仕事はどうしたニャ!?
コジロウ「美しさが何よりも優先するのだ!行くぞ!

オコリザルに汚されたムサシは復讐の鬼と化すようです。さすが俺たちのロケット団!


  • オコリザル、ゲットだぜ
000222000223000226000229

この回の初めにシゲルとの差を見せつけられ、ポケモンマスターを目指す者ならばどんなポケモンに対しても逃げずにゲットしようとすることが重要だと悟ったサトシさん。今まで散々ボコボコにされたオコリザルに立ち向かおうと決意します。

話の流れが自然と納得できるものとなっており、見ていてなるほどと思わせる起承転結です。すばらしい。


000241000250

がんばれ!オコリザル!(『ポケットモンスターを遊びつくす本 (緑)』による洗脳済み)


000247000253

しかしこのボコボコも、ヒトカゲの「いかり」によりそのボルテージが上がっていくがための布石なのです。


000251000255000258000256

「かえんほうしゃ」の直前に帽子を死守しようとダイブするピカさん。健気。


000259000261000262000270

オコリザル、ゲットだぜ!


----------

などなど。

しかし、このように頑張ってゲットしたオコリザルが、たったの4週で退場することになろうとはこのとき誰も想像しなかったのだった・・・。